焼き桧

by admin
11月 06 2009 年

こんにちは。

たまにしか更新しないブログですみません。

今日はちょっとおもしろい加工をしてましたのでご紹介します。

ウチの職人がバーナーで木材を炙って

「焼き杉」ならぬ 「焼き桧(ひのき)」を作っていました。

バーナーで部材を炙る職人

この加工は主に外部に使われる部材に用いられます。

表面を焦がし、炭化することによって腐食を防ぎます。

バーナーで表面を均一に焦がし、
そして一旦冷ました後にタワシで炭になった部分をこすり落とし、
水で洗い流します。

左:アフター  右:ビフォー

これは、今のように防腐剤などがなかった時代から用いられてきた手法なんですよ。

うまく考えたものですね。

次ページへ » すべらない健康床板

« 前ページへ 鉋掛け